読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の上にぐるぐると。

文房具なんかを中心に、興味のあることをつらつらと。

色辞典 大人の塗り絵に大人の色鉛筆などは?

奥さんの出産が近づいてきた。帝王切開確定なので、既に手術予定日も決まり、カウントダウンが始まったという気分。

 

入院期間もちょっと長くなる。そんな入院生活の手慰みにと、図書カードも手もとにあったので奥さんが興味を示していた大人の塗り絵を買ってあげた。色鉛筆はないけど、100均で買えばいいや、と思っていた。

 

で、そんな折伊東屋で中屋万年筆の注文をしたところ、ポイントが結構な金額分ついて。当日から使用可能かつ当分行けないことからなにか買い物していこう、さて何を? じゃあ色鉛筆、ちょっといいセットでも買っていこう、と。

 

店員さんにお勧めのを聞いたときに紹介されたいくつかのうち、即買いますとなったのがこちら、トンボ鉛筆色辞典

 

これ、ずるいでしょ、もうコンセプト勝ちだよ。10色ごとにケースに納められた3冊? で一セット(一集)、それが第三集まであって、全90色の展開。基本的な色あいのものはだいたい第一集で網羅されているので今回は第一集のみ購入。

基本的な色、ではなく色あい、としたのは、それぞれにつけられた名前がいわゆる赤、青ではなく和洋実に表現に富んだ色の名前となっているから。だから辞典というわけ。

でもその個性的な名前も良くもあり悪くもあり。普通の色鉛筆、12色でもいいから基本の色を持っているとよりいいのかもね。

 

パッケージの素敵さもさることながら、10色の1冊? ごとに取り出せるので、色鉛筆の多色セットのような、大きさもそれほど気にならないというのも利点かな。基本的に病室のテーブルで使うことを想定しているので、かさばらないというのは結構いい。保管も本とかと一緒にしておけるので楽だしね。

試し書きしてみたところでは、ちょっと芯が硬くて色の乗りが良くないかな、とも思ったけど、それを補って余りある魅力がある商品だと思う。

 

我ながらいいプレゼントのネタを見つけた、と思った次第。特にこういった大人の塗り絵なんかとセットで、というのもいいし、王道から離れた商品でもあるので、絵を書くのが好きな方にもほんのちょっと軸を外した商品で、喜ばれるんじゃないかな。

 

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第一集 30色 CI-RTA

トンボ鉛筆 色鉛筆 色辞典 第一集 30色 CI-RTA