読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の上にぐるぐると。

文房具なんかを中心に、興味のあることをつらつらと。

ペリカン ストラⅢ 日本未発売のローエンドペリカン

ペリカンというと、どうもスーベーレンをはじめとした高級路線の品々ばかりを目にするけど、ローエンドモデルはどうなってるんだろうと調べていて見つけたの がストラだった。

ペリカン ボールペン ブラック ストラ 正規輸入品
 

 

スーベーレンシリーズのようなエレガントさとは違った現代的なデザイン。 ブラックのボディとペリカンしているクリップの形状が非常に魅力的でポチろうとしたのだが、 待てよ本国ではもっといろいろこういった路線の展開してないか? と思ってドイツのamazonなんかを眺めていて。

そしたら見つけてしまったのがこちら、ストラⅢ。前述のストラの別バージョンでカラーリングや首軸、クリップの形状が違う。ちなみにストラは本国ではⅠ~Ⅲの展開をしていて、ローラーボールや万年筆(Ⅲのみ)もある。ストラⅡの油性ボールペンはリアにスタイラスがついていて、これもまた非常に現代的な品。その中でもストラⅢ のクリップのデザインと、ブラックとシルバーの配色のバランスにグッと来てしまいまして。

 

残念ながらこちらは日本では未発売。並行輸入で取り扱っているところもありはするけど、ネットで見る限りどこも売り切れの様子。それならいっそのこと現地から取り寄せられるかな、ということで各国のamazon見たのだけど、ヨーロッパ方面はどうも日本への発送がない。それじゃアメリカのamazonでは? と見てみたところ、$20しかも送料なし。

 

…ポチっとな。

 

到着予定日まで2週間ちょっと、…と思ったら予定より10日も早く到着。やっぱり送料なしで完結。どうもドイツの業者からの発送だったみたいで、なんとなく納得できたようなできないような。

f:id:tome_zoh:20161112215508j:image

さて開封。パッケージはいかにもこれくらいの価格帯、といった趣。

 

軸は真鍮なので結構ずっしりしている。若干太めの軸はツイスト部分もほぼ段差がなく、いたってシンプル。塗装は綺麗だけど、特に黒の部分は弱そうな感じもするな。前述のストラⅠのレビューでは、塗装の弱さが指摘されているけど、納得。

f:id:tome_zoh:20161112215530j:image

リアにペリカンマークのプリント、ローエンドでもちゃんとペリカンマークがあるのはうれしい。

f:id:tome_zoh:20161112215548j:image

一目ぼれした魅惑のクリップ。スーベーレンなんかのクリップ意匠をデフォルメしてそれでいてペリカンである主張の強い形状。軸がシンプルなので、クリップのデザインの素晴らしさが際立っている。強いて言えば、クリップ部分そのものは金属板打ち抜きのクリップパーツ外付けという感じなので、それがちょっと値段なりで安っぽいかな。でも、胸に挿した時にはきれいにペリカンのペンであることを主張して、それでいて派手でもないので、なかなかいい感じ。

f:id:tome_zoh:20161112215618j:image

芯の出し方はツイスト式。繰り出し感はしっとり重く、最後にややコトっとした感じのクリック感。芯のホールドもわりとしっかりしているので安心して使える。リフィルはパーカータイプなので、幅広く換装可。とはいえ 初期リフィルの書き味がなかなかいいので、当面換える必要はないかな。

 

主張は控えめだけど、その分とても使いやすい感じのペンだと思う、日本未発売なのがもったいないなあ。まあ、国内で発売されているストラⅠの売れ行きによってそのうち投入されるかもしれないけどね。オールブラックのストラⅠよりも人を選ばないと思うんだよなあ、クリップのデザインもより洗練されているし。価格帯からしてもプレゼントなんかにも使いやすいところだと思う。

 

それはそれとして、しばらくのところは数少ない日本での使用者という謎の満足感に浸るといたしましょう。