読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の上にぐるぐると。

文房具なんかを中心に、興味のあることをつらつらと。

パイロット フォルカン(FA) 一度は味わって損なしな超軟調ニブ

カスタムヘリテイジ912の続き、パイロットが誇る軟調ニブ、フォルカン(FA)について語ってみたい。

このペン先は10号ペン先を着けるカスタム742、カスタムヘリテイジ912、さらに大型のペン先を着けるカスタム743で選択可能。

 
f:id:tome_zoh:20160911002850j:image

まずこちら、見た目が明らかにおかしい。このクラスの他のペン先にあるような装飾はなく、穂先が長い。そしてイカのように両側がえぐられている。

これはとにかく軟らかさを追求したものなのだろう、装飾がなければ凹凸がなくなりしなりやすくなり、薄くすることができる。両側をえぐればペン先を支える力が弱くなるのでこれもしなりを産む、というわけだ。

f:id:tome_zoh:20160911002906j:image

カスタム74との比較。5号と10号なのでそもそもの大きさが違うけど、異様な風貌。

 

このペン先、軟らかい上にちょっと力を加えると開きやすいので、かなり扱いが難しい。筆圧弱めを心がけてコントロールをしていく必要がある。パイロットのペン先の案内では"毛筆調"となっているのも納得。ただ軟らかいのではなく、目指していたものはそこだったのね。

軟調と言われるものを試したときに、一番扱いづらかったのはこのFAニブだった。なんというか、ダンスをしたがるペン先を制御して字に落とし込む感覚で、これが楽しいの。筆記線もなんともいい味わいになるし。

 

なので、通常の"軟らかい"ペン先が欲しいなら、フォルカンは勧めない。通常のペン先が硬いと思うくらいなら細軟や中軟を、軟調を味わいたいならナミキファルコンの動画で名高いエラボーを勧める。特にエラボーは素晴らしいよ。独特の姿のペン先で、スキップするような軽快さでペン先の軟らかさを味わえ、それでいてしっかり芯があるので扱いやすい。また、中屋万年筆には特軟という軟ペン先にフォルカンと同じような両脇をえぐった形のものがオーダーできるけど、これも似たような形状ではあるけれど、試筆した感じフォルカンとは全く違ったな。

 

とにかく、フォルカンはただ軟らかいというのではなく、唯一無二の書き味と暴れ馬を制御するような楽しみを味わうものなので、そこに魅力が感じられないならやめたほうがいいと思うし、試筆はぜひしてみたほうがいい。でも、試筆レベルでもいいから、万年筆に憑りつかれた人なら味わって損はない。ペン先の扱い方が一段ランクアップするんじゃないかな。