読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の上にぐるぐると。

文房具なんかを中心に、興味のあることをつらつらと。

パーカーソネット シズレ 初期型ペン先の軟らかさをパーカーの「顔」で

万年筆のレビュー、ちょっと間が空いてしまったけど、今回はソネットの2本目、初期型シズレをお送りしようかと。

スターリングシルバー素材のシズレと呼ばれる格子模様のデザインは、パーカー75から引き継がれた伝統の、いわばパーカーの顔と言っていいデザイン。おっさんくさいデザインだなー、と思っていたのだが、あるときなぜか急に欲しくなってしまい、入手した一本。

シズレは素材がスターリングシルバーということもありソネットでも定番モデルの上位ラインでラインナップされているモデル。

f:id:tome_zoh:20160305192146j:image

スターリングシルバーのボディはパーカー75同様にマットな色味で凹凸感が強く、同じソネットでも銀メッキのチーゼルタータンに比べてなんというかしっとりした感じ。この手にした感覚はまたなんというか独特なもので、手触りから好みが別れると思う。見た目はソネットの中ではおっさんぽいけど、そのおかげで使う場所を選ばないペンでもある。パーカー75よりもひとまわり太く重厚感があって、クリップやトリムの仕上げも上品で、所有感は高いね。

パーカー75との外観比較。上が75、下がソネットソネットのほうがちょっと全長が長く重厚な感じ。


f:id:tome_zoh:20160305222446j:image

この最初期型のペン先はとにかく軟らかく、ふわりとした繊細な書き心地が特徴。インクの出が渋いと目も当てられないだろうが、幸い僕のは万全のコンディションのものだった模様で、購入時からストレスなく軟らかな書き心地を楽しんでいる。軟らかいペン先の万年筆というのはコントロールが難しく、楽しいのだけど字が一段と汚くなった気がしてしまうのが難点。

あと、当然ながらソネットなので乾きやすい。入れるインクには気を遣うにこしたことはないだろうし、頻度高く使ってあげたい。煮詰まりすぎないようにほどほどの量のインクを入れて楽しんでいる。

初期型ソネットは軟らかいペン先の評判からか、オークションなどでは中期以降のモデルより若干高値で取引されている。でも18金のスタンダードなモデルは手頃な価格で入手可能なので、ペン先の味わいを試してみたい人はぜひ試してみることをお勧めする。

現行のはキャップのリングまわりのデザインが変わっているし、当然ながら書き味は初期型とは違うだろうが、むしろ素直な書き味で使いやすい模様。