読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の上にぐるぐると。

文房具なんかを中心に、興味のあることをつらつらと。

カランダッシュ849 ボールペンのプレゼントなんていかが?

バレンタインも近いね、僕には昔からあまり縁のない日だけど、奥さんと娘がいるから、ここしばらくは寂しい想いはせずに済んでいる、ありがたいことだ。

 
そんな時期なので、プレゼントという視点からのレビューをひとつ。
 
 
人にペンをプレゼントしたい、と言われたら、僕は真っ先にカランダッシュの849シリーズを勧める。僕は黒と赤のリフィルを入れた2本を保有していて、とにかく使い勝手が良くて手放せないボールペンだ。
 
f:id:tome_zoh:20160201101734j:image
 
鳩時計柄のは特にお気に入り。
 
849の美点はいろいろあるのだけど、
  • 細身のノック式で扱いやすい
  • デザインが豊富
  • 価格が手頃
  • ゴリアットリフィルの書き心地
と、挙げてみる。いやー、ほんと万能選手なんだわ、これ。

細身のノック式で扱いやすい

849のサイズ感は鉛筆と同じ細身の六角形でちょっと短め。このサイズがいいんだ。手帳にも使いやすいし、シャツのポケットにさしてもいい。ノック式なのも使いたいときにスッと使えるのでいいんだな。金属軸で安っぽさもなく、見た目より重さあるかな。
 
同じようなサイズ感だとパーカーのジョッターという永遠の定番があるけど、849のほうが値段なりに質感高い。ノックした感じもスッと押し込まれるのが品が良くてね。これみよがしな高級感求めてないのもいい。
 

デザインが豊富

とにかくいろいろなデザイン、カラーが設定されている。プレゼント選ぶことは、お金も時間も相手のために遣うってことだと思うんだよ。せっかくだから真剣に選ぼうじゃないの。限定ものも多いんだけど、贈る相手に似合いそうなものを選ぶの、楽しいよ。軸のデザインが使いやすさ重視で奇をてらったものじゃないので、男女どちらでも似合う軸に出会えるよ。
 

価格が手頃

プレゼントって、高けりゃいいってもんでもないと思う。もらうほうがひかないくらいの、関係性と意味付けによっての程良さってもんがある。そういう点でも849って万能感ある無難なラインだと思うな。
感謝、親愛、下心。動機はなんでもいいけど適度な間合いは大事よ。それが測りきれない、けどちょっといいものプレゼントしたい、というときの価格帯ってこれくらいじゃない?
 

ゴリアットリフィルの書き心地

今は低粘度の油性ボールペンが花盛りで、ちょっと書き味としてはレトロなほうの部類なんだろうけど、ゴリアットは油性ボールペンの中では書き心地に定評のあるリフィル。ペン先が滑らず、程よい筆圧で滑らかに書けるので、複写なんかにも安心感がある、とてもバランスがいいリフィルなんだ。
 
 
とまあ、いろいろ挙げてみたけど、欠点がないってわけじゃない。交換リフィル、ゴリアット、高いんだよね。あと、塗装がちょっと弱いかな。僕のは一本先のほうがちょっと剥げてきてる。
 
でも、これ何本でも欲しくなるんだよなあ、誰かくれないものかな。奥さんからもらうならちょっと高くてもカランダッシュのド定番エクリドールをお願いするんだけどね。それはそれとして。