読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紙の上にぐるぐると。

文房具なんかを中心に、興味のあることをつらつらと。

ウォーターマン チャールストン 地味な実力派金ペン

ウォーターマンはスチールペン(ここでは金以外のスチール素材のペン先全体をさしてます。)が得意なメーカー。舶来メーカーは最近定価2~3万円クラスのものまでスチールペンが多くなってきていて、ウォーターマンはその筆頭格と言っていい。

 
そのウォーターマンの現行モデルで金ペンの最廉価に位置するのがチャールストン
 

f:id:tome_zoh:20160114225305j:image

 
ウォーターマンの中価格帯金ペンだと、カレンの個性が強すぎて、チャールストンはとにかく地味な存在。限定品のスペシャルカラーシリーズなんかもラインナップされないし。多分個性的すぎるカレンが肌に合わない人のために、ベーシックなデザインのチャールストンを残さざるを得なかったのではないか、と邪推してる。それゆえ現在はエボニー一色(ゴールドトリムとシルバートリムのパターンはあるけど)の展開だけど、かつては華やかな色展開だった。僕のはその頃手に入れたもの、価格も安くて1.2万円くらいだったんじゃないかな。上品なブルーがウォーターマンらしくて気に入っている。イエローやアイボリーも良かったな。
  
ペン先はF(細字)、ウォーターマンのペン先はとにかく硬いというのが定評だけど、その中では軟らかめらしい。いや、十分硬いよ。線は個体差あると思うし、インクでも変わるだろうけど国産のFに比べると一段階太い。ボールペンで言うなら0.7mmくらいかな。書き味は硬いとはいってもスチールのそれのような硬さとは一線を画すもので、微妙なところで18金らしい弾力というか、柔らかさで受け止めている感じ。これに純正インクを合わせると、実に素直で気持ちいい書き味を発揮してくれる。
 
ウォーターマンはインクの評価も高いので、これには軸の色に合わせて純正の2色のブルーを合わせている。このウォーターマンのブルーの方向性の違いというのもまた面白いんだな、そのへんもそのうちレビューしたい。

 

 

このチャールストン、万年筆にはまってかなり初期に入手したもので、その頃に持っていたものはだいたい手放してしまっているのだけど、これは使い勝手の良さと質感が気に入っていて、手放せないでいる。